Last-Modified: Saturday, 25-Jun-2016 15:24:14 JST
You are 3244343 `s Visitor.

6月25日(土)[日別]

▼昨日の捕獲

[COMICS][NOVELS]

以上、秋葉原オータムリーフなどにて捕獲。

XX:XX wrote

▼いろいろかんそーぶん

@ 『いちゃラブ乳娘』:実々みみず(ISBN9784894656970)。エロ漫画。 COMIC阿吽誌、少女式誌などにて発表された長編、短編に描き下ろしを加えた一冊。 属性的には、巨乳、親子姉妹どんぶり、妹、恋人、パイズリ、フェラチオ、コスプレ、3P、4P、眼鏡などなど。 明るくおバカにエロエロです。ドタバタ楽しいラブエロ絵巻。

  • 奔放な母に放り出され、親戚の高崎家にお世話になることになった少年・圭太。 そんな彼を暖かく迎え入れた高崎家の面々、圭太の一つ下の長女の実希、 スク水マニアの不思議ちゃんな次女の真希、そして二人の母にして未亡人で家主の・美沙希さん… 美人揃いかつ全員巨乳という健康な少年にはあまりにも目に毒な状況で何も間違いが起きないわけもなく…、 なんだかんだで、圭太は3人それぞれと日々肉体関係を交わすという羨まけしからん状態に。 愉快で楽しい、でも枯れそう…などんぶりハーレムの行く末は如何に。 …『三人三色家族丼』全5話+描き下ろしおまけ
  • 理不尽な現実に弾かれ、燃え尽きた男が雨の中で出会った眼鏡に学生服の少女。 傷をなめ合うように互いを貪る訳ありな二人の一夜の情事…『リサイクル』
  • 自由奔放すぎる先輩に振り回される後輩の彼氏・瞬くん。 校舎内でエッチがしたいと熱烈要望の先輩を振り切って逃げようとしますが、階段から転げ落ち…。 ドタバタカップルin保健室…『一押し二押し三女』
  • お兄ちゃんと、お兄ちゃんの精液が大好きな妹ちゃんに変な機械を埋め込まれ、 ボタン一つで勃起が収まらなくなってしまうように改造されてしまったお兄ちゃん。 今日も強制勃起の上、コッテリ搾りきられる運命で…『大食系妹』
  • 変化球大好き、ほんのり素直じゃない彼女さんとの告白エッチ! in 部室。でも戸締まりにはご用心…『片手落ち』

作者さん2冊目の単行本。3年半前の1冊目が好印象だったので今回も購入しました。 前巻はあちこちからの寄せ集め原稿でしたが、今回は全てヒット出版系雑誌での発表作品集です。 お話は全体的にあっかるめ。重ためのシチェーションのものもありますが、 基本はハッピーな方向ですので安心して癒してくれるお話が揃っています。

作者さんの絵柄で特徴的なのはやはり描線を重ねてクッキリと描かれた大きな瞳でしょうか。 上まぶたのごんぶとっぷりはひと目で作者さんの絵だと気付かされますね。 可愛らしさ抜群の丸い顔立ちの中でクルクルと変わる瞳の形がよく表情を表しています。 快楽に頬染めたシチェでの細められた瞳や、誘うような流し目、驚いたりしたときの小さくなった瞳孔など どれも可愛らしくて良いなぁと。ギャグ系のデフォルメシーンでもそのあたりはきっちり生かされてますね。 グルグル目とか:D_____

あとはやっぱり豊かなおっぱいでしょうか。ぷにゅぷにゅと見るからに柔らかそうな 大きなおっぱいを持ったヒロインさん揃いなのでおっぱいスキーの方は要注目です。 そんな乳房に負けないほど主張する、大きなグミみたいにぷりっとした乳首もたいへん美味しそうです。 パイズリ、乳舐め、乳吸い、母乳、Wパイズリ、プレイ内容なカット割りも大きく柔らかな乳房を 全面に押しだしてその魅力が表現されています。ぷるぷると揺れ、柔らかそうに形を変える 魅惑の乳房に翻弄されること間違いありません。

メインとなるのはカバーイラストも飾っている長編「三人三色家族丼」ですね。 巨乳美人姉妹+その巨乳母らとの巨乳尽くしの親子姉妹どんぶりコメディです。 流れ流され迫られで、それぞれに魅力的な3人とヤりまくりという羨ましすぎるシチェに 思わず打ち震えるしかないシリーズでありました。 ヒロイン陣は皆さん魅力的なので難しいのですが、あえてお気に入りを上げれば やはりママさん美沙希さんですかね。女手ひとつで姉妹を育て上げたパワフルなお母さんです。 若々しく瑞々しく、かつエッチで優しく、ちょいお茶目という素敵ママさんぷりは 非の打ち所がありませんねぇ。縦セタにマイクロビキニも御馳走さまでした。

長女の実希さんはポニテ可愛い素直じゃ無い系幼馴染み枠という感じですが、 好感度が最初からMAXなので速攻でエッチシーンに突入できちゃうのもいいなぁと(笑 そんな子と毎日やりまくり的な描写が完備されてるのも嬉しいポイントでしたね。 ご奉仕系コスプレや手こきなどもよいものでした。

次女の真希さんはいつもスク水を身につけているという謎の拘りを持つ ちょっと不思議な妹系枠。ロリ巨乳枠でもあり、スク水からこぼれ落ちる豊かな乳房を 思うままにいぢり倒せるという素敵シチュに抗うことができましょうや(いや無い)。 お気に入りはセーラースク水忍者ですかね。日常シーンもノリノリで可愛かったです。

短編の方は、収録作の中では唯一シリアス寄りな「リサイクル」がお気に入りですね。 日々に疲れた心に染み渡る癒し感がとても好きです。…まあこんな夢のような出来事は起きませんが(T-T シャワーシーンでの胸板に押しつけられて潰れた乳房とか、枠線に乗ったりはみ出したりするおっぱい描写も 見逃せません。

全体的に読んでて身も心も元気になれる一冊でした。 2冊目ではありますが、作画方面は高値安定。エロからコメディ、シリアスまでこなせる しっかりした技量を持った作者さんです。おっぱいスキーの方、最近疲れ気味で元気が出ない方などに オススメしたい一冊です。

(Permalink)


XX:XX wrote

6月24日(金)[日別]

▼昨日の捕獲

[COMICS][NOVELS]
  • [COMICS] でいとりっぱー(1):長月みそか(ISBN9784048921350)
  • [COMICS] 妻の中の娼婦と淑女:白石なぎさ(ISBN9784860848545)
  • [COMICS] 歌おう、淫堕するほどの悦びを!:あしもと☆よいか(ISBN9784860848538)
  • [COMICS] げんしけん 二代目の九(18)[Kindle版]:木尾士目(Amazon)
  • [COMICS] げんしけん 二代目の十(19)[Kindle版]:木尾士目(Amazon)
  • [COMICS] げんしけん 二代目の十一(20)[Kindle版]:木尾士目(Amazon)

以上、秋葉原COMIC ZIN、オータムリーフ。Amazon Kindleストアなどにて捕獲。

「げんしけん」はやや積んでたんですが、斑目ハーレム編クライマックスと20巻にあったので 通し読みしました。…おわっとらんやんけ!!

XX:XX wrote

▼いろいろかんそーぶん

@ 『妻の中の娼婦と淑女』:白石なぎさ(ISBN9784860848545)。エロ漫画。 DMMなどで配信されている電子コミック誌「コミックマグナム」にて発表された短編集。 属性的には人妻、不倫、サスペンス、アイドル、奇習・因習、コスプレ、SF(すこし不思議)など。 人の業、人の想い、清濁様々なそれらによって女たちは淫らに咲き誇る。

  • 人の良さが祟り、多額の借金を背負わされた夫と共に日々を暮らす妻。 ブログ運営で成功し悠々自適の生活を送る、夫の弟に金を借りつつなんとか日々を過ごしていた。 借りた金を返しに一人で義弟の部屋を訪れた妻は、遊びほうける義弟の様子を理不尽に感じ 思わず悪態交じりの皮肉を口走る。そんな妻に義弟は「楽に稼げる方法」を提案をしてきて……『借金妻〜義弟に買われて〜』
  • 辛い現実を捨て、身一つで温泉地を訪れた青年・健。働き口として紹介された寂れた民宿「山陰荘」で彼を待っていたのは 美しい人妻女将との露天風呂での目眩く一夜だった。女将からの「淫らなボーナス」に胸を馳せ、働き始めた健だったが、 次第に「山陰荘」に違和感を覚え始める。そんなある日、健に想いをよせる仲居の少女・真夜の導きで、 健は「山陰荘」の秘密を知ることになり…。…『淫宿〜艶女将と玩具娘〜』前後編
  • 上手く行かない夫との関係に煮詰まり、気分転換に同窓会へやってきた主婦・仁絵。そこで初恋の相手・乙坂と再会する。 当時と変わらず魅力的な乙坂に誘われ、仁絵の中に眠っていたかつての想いは再び燃え上がり、二人の身を焦がす。 禁断の関係へと踏み出した二人の睦みあい…『不倫同窓会』
  • 主婦・新田麻里が受け取った、越してきたばかりの社宅で廻ってきた回覧板。 そこには社宅近くの屋敷に住まう、 夫の務める企業グループの会長の元へと訪れるようにと記されていた。 意図を図りかねながらも指示に従った麻里を待っていたのは、年老いた会長からの淫らな奉仕の要求だった。 戸惑う麻里だったが、昇進の話題と、他の社宅妻達の奉仕の様子を収めた映像を見せられて… …『社宅妻〜ポイント制枕人事〜』
  • 平均年齢35歳の人気人妻アイドルグループ「HITODU-MAX」のセンターを務める麗子さん。 人妻とアイドルという二足のわらじを履きこなし、 充実した生活を送る彼女が語る日常、 そしてグループ独自のプロモーション戦略とは。輝く人妻にまた逢える…『偶像妻〜犯りに行けるアイドル〜』
  • 日本海に浮かぶ漁業の島で代々受け継がれる奇習。 晴れて夫婦となった若いふたりを待つ新婚初夜に行われる「筆下ろしの儀」とは。 閨を訪れた新郎を待つ仮面の女たちの正体、そしてその想い…『親子相姦島』
  • 半ば本気になりかけていた人妻セフレ・雫にあっさりとフられてしまった青年・祐矢。 傷心のまま街をふらつく祐矢は、「不可思議雑貨 惜春堂」の看板を掲げた奇妙な店を訪れる。 そこで手に入れた「失ったものを引き寄せる」というアロマポットを半信半疑で点したところ、 次々と都合のよい人妻セフレが訪れはじめ…。甘い時間と落とし穴…『人妻ホイホイ』
  • 大学時代の親友夫婦と3人での飲み会。 独り身のサラリーマン・幸弘は、幸せそうなかつての後輩であり若妻・香澄への断ち切れぬ想いを再認識していた。 そんな中、当時の香澄も幸弘を想っていたことを知ってしまう。 やりきれぬ想いを抱えながら帰路についた幸弘の前に「不可思議雑貨 惜春堂」の看板を掲げた奇妙な店が現れる。 そこで紹介された商品「「  」への扉」、自らの望む人生の岐路へと時と場所を越えて戻れるというその扉を 半信半疑のまま開けた彼を待っていたのは……。再び人生の岐路に立った男が選び取った未来、それは。 …『「あの夏」への扉〜たとえば香澄が、僕の妻になる世界〜』

初単行本発売前から追っかけてる作者さんなので、作者買い。通算10冊目、GOT系からは初の単行本です。 デビュー10周年に10冊目、かつ新天地でのファースト単行本ということもあり、全体的に気合いの感じられる一冊でした。 今回はタイトル通りに人妻系中心での一冊ですが、ストーリー面は硬軟合わせてバラエティ色の豊かな掲載作品が揃っています。

作者さんの作品の特徴としては、しっかり目のストーリーラインと強い郷愁を感じさせる物語性などがありますが、 やや強めにエロ方面に振っていたエンジェル出版系の作品に比べると、 エロ+物語のバランスが程よい感じになっているかなと思います。 物語のやや強すぎる郷愁感が、ともすれば昭和過ぎてノスタルジーの苦みばかりになっていたこともありましたが、 近作ではそのへんがしっかり制御されている感じがあり、好感触です。

最近の単行本では作画面での表現幅もかなり広がっていて、 特にエロシーンの描写のパワーアップっぷりは一見の価値ありですね。 軽めですがアヘ顔的なイキ描写や、もっちりとした豊かな乳房の柔らかさ、艶やかなお尻に食い込む下着のライン、 激しいプレイにぷるぷると震える肢体など、どれもお気に入りです。

いちばん気に入ってるのは「偶像妻〜犯りに行けるアイドル〜」かなぁ。 あとがきによると掲載時の反応は今ひとつ二つ三つくらいだったようですが。 パワフル&ゴージャスに芸能界を生き抜いているヒロインの麗子様がひたすらに輝いてて素敵でした。 肉食系に食らいつく感じのセックスシーンもお気に入りです。

「不倫同窓会」。定番の同窓会を切っ掛けにした不倫モノ。 単行本のカバーイラストの表紙側は本作からですかね。 こじれた夫との関係から抜け出して、新たな路を切り開いていく力強い不倫(?)が 良いなぁと。黒レースの下着や、シャワーシーン、そして初恋時代を思い出すコスプレと グッと目を惹くシーンが多めだったのが印象深かったかなと。

ストーリー的に印象深いのは「「あの夏」への扉〜たとえば香澄が、僕の妻になる世界〜」ですかね。 ヒロインの香澄さんの可愛らしさ&イヤらしさもさることながら、しっとり目の物語の展開、 そしてラストまで、作者さんの単行本ラストに相応しい内容で大変良かったです。

単行本の柱になるのは唯一の前後編「淫宿〜艶女将と玩具娘〜」ですかね。 温泉地の山奥にある謎めいた民宿で繰り広げられる仄暗く淫らな物語。 露天風呂での妖艶な女将との奉仕セックス、虐げられ玩具として扱われる仲居の少女・真夜のキメセク、 そして夜な夜な行われる乱交の宴と、派手目なエロシーンが目白押しで読み応えがありました。 特に真夜さんのキメセクシーンの飛び具合が素敵です:D

他もお気に入り度は高いですが、切りが無いのでこれくらいで:D__ 以上のように、瑞々しくも熟れた人妻さんたちの痴態がたっぷりと楽しめる一冊になっています。 気になったら手にとって損は無いかなと。個人的にはオススメの一冊です。

(Permalink)


XX:XX wrote

6月23日(木)[日別]

▼昨日の捕獲

[COMICS][NOVELS]
  • [MAGAZINE] まんがタイムスペシャル

以上、秋葉原ゲーマーズなどにて捕獲。

XX:XX wrote


Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
◆ここは
ここは東雲あずみの日記です。 購入物に対する感想やら アニメの感想などを主に記述しています。 なお、18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上 お読みください。
Nearly Logs
【2016/06】
(01〜)
(11〜)
(21〜)
【2016/05】
(01〜)
(11〜)
(21〜)
読書感想
Comics
Novels
最近のかんそー30

@azumi_s からのツイート