Last-Modified: Friday, 21-Jul-2017 07:08:58 JST
You are 3359552 `s Visitor.

7月21日(金)[日別]

▼いろいろかんそーぶん

@ 『人狼機ウィンヴルガ(2)』:鋼島志朗(ISBN9784253236171)読了。 チャンピオンRED連載。人機シリーズ完全新章2巻目。

  • 侵略者「ドミネイター」により平和な暮らしと仲間達を奪われた白髪の美少女・真白。 「ドミネイター」を追い、村で眠っていた人機「ウィンヴルガ」と共に村を後にした真白は これまで知らなかった外の世界の事実を否応無しに突きつけられる。 そう、そこは高度な科学技術と戦力を持ちながら、女性の人権を認めず、 人間である男性を生み出すための道具として扱うドミネイターらと、 それに抗うものたちの戦場だったのだ。 抵抗勢力「アヴァン・ルージュ」の少女戦士・飛花らと出会い、つかの間の休息を得た真白。 しかし、真白と「ウィンヴルガ」を狙うドミネイターの可変人機が次々と襲いかかり……。

シリーズ2巻目。 今巻で描かれるのは、真白のバディとなる少女人機乗り・飛花の人物像と想い、 そして、真白自身の新たな戦いの決意です。 新キャラ(1巻から登場はしてますが)の飛花さんは、スレンダーボディの健気で元気な女の子。 真白さんへの憧れと真っ直ぐな想いが眩しいですな。早速酷い目に会いますし、今後もハードな未来が 待ってそうなのが怖いところですが、是非頑張って欲しいところです。

自分の下半身に忠実過ぎる敵キャラが多すぎて、ヒロイン陣の貞操が常に危険に晒されてきた人機シリーズですが、 本シリーズでは、世界観自体を現代の常識が廃れた遠未来(もしくは過去か?)世界に設定することで、 そのあたりを自然に演出することに成功しています。結果、女性キャラにはハード過ぎる世界になってますし、 文字通りに玩具のように扱われるエロティックなシーンも悲惨なシーンも多いため、読み手は正直選ぶと思いますが、 そんな世界であるが故に、それに抗う真白達に自然と寄り添えるのかなとも。

そういうインパクトのあるシーンばかりが取りざたされがちですが、人機同士のメカバトルにも注目です。 これまでのシリーズと違って、ヒーローメカ然とした見た目と能力を持ったウィンヴルガと、特殊能力と可変機能で 翻弄してくるドミネイター側の人機とのバトルはストレートに熱く、楽しいです。 敵の特殊攻撃を解析し、対策を立てて打ち砕く…定番の流れであるからこそいいですなぁ。

ということで満足度は高めの一冊でした。あとはもう連載がちゃんと続くことを祈るばかりです…。

(Permalink)


XX:XX wrote

7月19日(水)[日別]

▼いろいろかんそーぶん

@ 『聖百合ヶ丘女学園性奴会』:復八磨直兎(ISBN9784866530697)。エロ漫画。 COMICメガストアα誌にて発表された表題長編を全編に描き下ろし後日談を加えた一冊。 色事士の毒牙に掛かり、どこまでも堕落していくお嬢様達の末路。 属性的にはお嬢様、アヘ顔、快楽調教、ハーレム、ハート目、母乳、放尿、乳首責め、ボテ腹etc.etc...

  • 出生率低下への対策として政府が打ち出した「性行為促進プログラム」。 それは学園にセックスのプロコーチを派遣し、若いうちからセックスの悦びを教え込むことで、 性行為へのハードルを下げるという代物であった。 この政策に反対の立場を取る聖百合ヶ丘女学園の学長・霧原麗は、 政策のモデルケースとして自ら立候補し、信頼する生徒会の面々に命じ、 政策を失敗へと導こうと画策する。しかし、派遣されてきた男・川島健吾は 百戦錬磨の手練手管で次々と生徒会のお嬢様達を籠絡してゆき…。 清楚なお嬢様達が快楽のるつぼに堕とされて浮かべるあられもない痴態の数々 …『聖百合ヶ丘女学園性奴会』全7話+描き下ろし『孕ませ調教記録』
  • 童貞どころか未精通なことに悩む青年の前に突如として現れたチア衣装の謎の女! 怒濤の童貞卒業劇…『ドウテイ、ベットに起つ』

作者さん通算3冊目、コアマガジンからは2冊目となる単行本。 連載の方で心を掴まれて、発売を心待ちにしていました。 細身の肢体にぷりぷりとした柔らかお肉を纏ったヒロイン陣が、むせかえるような熱量の下で 快楽に震え、蕩けるようなセックスを繰り広げ、整った顔立ちが見る影もない程歪む様子を たっぷりと堪能出来る一冊です。

特徴的なのはやはり「アヘ顔」ですかね。 整った顔立ちのヒロイン陣が、強烈な快楽を与えられて浮かべる表情の多彩さ、 崩し具合がインパクトあります。やり過ぎると嫌悪感を覚える場合もあるアヘ顔ですが 美少女としての領分をギリギリ保ちながら、強めに崩しているという絶妙なバランスかなと。 霞む目元、戦慄く口元、歪む眉毛と飛び散る体液…文字通りにトロトロに蕩けた表情を浮かべて 快楽の海をたゆたう様子が描写されています。

あとは細身ながらもたっぷりとした柔肉を湛える肢体ですかね。 特にボリューム感のある乳房と、ぷっくりとした乳首を揉みしだき、捏ね回す様子が エロティックでたまりません。 むせかえるような熱の中、汗と愛液と涎塗れになりながら、やらしい肢体を揺らす様子も素敵ですね。

メインとなる長編『聖百合ヶ丘女学園性奴会』。 狼を狩ろうと無策で自らの庭に誘い込んだ羊たちが、当たり前のように狼に狩られてしまうというお話です:D プライドが高い美少女揃いの生徒会のお嬢様たちの弱みを握って、次々と快楽調教により屈服させ、 下品で浅ましい性の奴隷へと堕落させていくというエロ漫画的に間違いの無い展開が熱いですね。

チャラチャラとお調子者然とした主人公の餌食となるヒロインは 完全無欠の生徒会長・有栖川美希、 弓道の達人にして副会長・黒金椿、 純真無垢な書記・天乃川初音、 スポーツ万能な執行役員・榊瀬奈、 そして理事長の霧原麗の 生徒4名+1名。 皆さん美人さん揃いですが、自らも知らなかった性癖を曝かれ、 澄まし顔も快楽漬けにされて一転、 あられもない姿で淫語を口にしながらチンポを強請る雌顔を晒してくれます。 犯されても屈服しない子も、外堀を埋め立てられて徹底的に手折られる様子も 燃えるものがあります。

個人的なお気に入りは弓道娘の椿さんかなぁ。 爆乳と乳首を徹底的に責め上げられてチクビアクメをキメるように調教される 黒髪ポニテの和風美人さんというのはなかなかにツボでした。 最終話でのハーレムプレイも満足度高めで◎です。

汁気多めで湿度高めの濃密な空間で繰り広げられる堕落劇が兎も角楽しい一冊です。 詰め込み気味の作風なのと、作画面でやや荒削りな感があるため、 少々画面が見づらい感もありますが、それもまた味わいのうちかなと。 コッテリした快楽堕ちが読みたい向きは手にとって損は無いかと。 おちんちんには勝てなかったヒロインがお好きな向きにも:D_____ オススメです。

(Permalink)


XX:XX wrote

6月7日(水)[日別]

▼昨日の捕獲

[COMICS][NOVELS]

以上、秋葉原オータムリーフなどにて捕獲。

XX:XX wrote

▼いろいろかんそーぶん

@ 『彼女が見てる 僕のセックス』:サブスカ(ISBN9784887746541)。エロ漫画。 COMIC夢幻転生誌にて発表された長編シリーズを全編に描き下ろしを加えた一冊。 憧れの女性が抱える性癖に振り回される青年と周囲の女性達。 属性的には寝取らせ、学生、女教師、巨乳、巨尻、精飲、中出し、コンドーム、セーラー服、ベビードール、そばかす、眼鏡etc.etc...

  • 「無理 ごめん 西矢くんとは付き合えない」と、憧れの女生徒会長・神田麗に告白し、 素気なく断られてしまった青年・西矢。生徒会のメンバーとして日々を共にし、脈アリと踏んでの告白だったために 大きなショックを受ける。同じく生徒会メンバーで麗の幼馴染みである 笹木のどかに慰められるうちに 流れで身体を重ねるが、その様子をのどかの手引きにより、麗に見られてしまう。 当然のごとく激しく動揺する西矢だったが、そんな彼に麗は衝撃の言葉を告げるのだった。 曰く「私も西矢くんのことが好き。だからお願い他の女の子とエッチしてるとこ見せて♥」と…。 そう、麗はそういう特殊な性癖の持ち主だったのだ。 こうして周辺の女性を巻き込んだ西矢と麗の奇妙な関係が始まる。 果たしてその行く先にあるものは…『私の彼氏と寝てください』全5話+描き下ろし2.5話

作者さん5冊目となる単行本。社会人TSモノだった前巻から、再び学生モノへと回帰。 ただし、一風変わった性癖に振り回される人々というあたりは今作も健在です。

今回メインで取り扱われる性癖は、いわゆる「寝取らせ」。愛する人が他者と交わる様に興奮を覚えるという エロ漫画ネタとしては主に男性側の性癖として扱われてきたものです。 たとえば、夫が妻を第三者に抱かせてそれを 覗きみるという奴ですね。今作はその性癖をメインヒロインが持っているというのがキモですかね。

細めの描線で描かれる、むっちりと肉付きの良い肢体を持つヒロインさんが多数登場。 丸々としたおっぱいやおしり、触ると心地よさそうなお腹周りやふとももなど、どれも美味しそうですね:D_____ 今回はややキャラクターの目元の描線などが減り、従来よりもスッキリとして気持ち大人びた印象を受けました。 可愛らしさよりは美人度のパラメータがアップしたとでもいいますか、これはこれで良いですね。

メインとなる長編『私の彼氏と寝てください』。 前述の通り、「寝取らせ」というやや特殊な性癖を持つヒロインさんに振り回される童貞青年の、 いろんな意味で複雑な日々を描いたものです。 エロ重視の物語ですが、キャラクターの心情などは丁寧に描かれているので、物語としても楽しめるのは 従来通り。展開も重い部分のない終始明るめのものですから、読みやすいかと。 ヒロイン寝取らせだとどうしても嫉妬心が湧きますが、 今作は逆なので、男性視点ではハーレムものなんですよね。 それもメインヒロイン公認ですから、憂いもゼロですし:D 純愛的に見ると、気持ちが通じなくて歯軋りってことでもありますけれどね。

メインヒロインの麗さんは、とある経緯から好いた人が他の女性とセックスすることに強く興奮を覚える人です。 その上で妙に真面目で独自の倫理感で動くため、 彼女自身を抱くことは極めて困難で、主人公の西矢くんは散々振り回されることになります。

そんな調子ですから、主立った濡れ場は、彼らの周囲の女性陣で構成されることになります。 麗さん以外のヒロインは4名。麗さんの幼馴染みで、彼女の性癖についても知っている、遊んでそう系先輩の笹木さん。 生徒会メンバーで地味目の眼鏡にそばかす少女な巻神さん、頼れる姉御系ながら男日照りで欲求不満の女教師・静流先生。 そして経産婦の保健医・金城理華先生です。

みなさんそれぞれに可愛い女性ですが、特に気に入ってるのは静流先生かなぁ。 欲求不満と男日照りを拗らせて、生徒から迫られても待ってましたとばかりにノリノリで食べちゃう アグレッシブな様子や、大人の余裕を見せつけつつも、すっかり若い肉棒に夢中な様子などもグッと来るモノがありました。 あとポニーテールだしね!!

金城先生もお気に入りですね。詳細は省きますが、 スケスケのベビードール姿で男に跨がる姿が大層エロくてたまりません。

物語のラストに至るまで、妥協せずに徹底した展開がさすがサブスカ先生だなぁと唸るばかり。 あまりにも清々しい展開に思わず笑ってしまいました。 相手のありようを肯定しながら、愛情を貫く二人とヒロイン陣の辿り着いた場所がどんな場所か、どうぞお楽しみに。

あと、本作で特記しておきたいのはカバーイラストですかね。 見て戴いて判る通り、なんと擬音入りの作中のコマをそのまま抜き出して 着色したようなものになっています。 こういうパターンは滅多に見ないため、かなりインパクトがありました。 基本、エロ漫画のカバーイラストは静ですが、これは思い切り動きのあるイラストですからね。 そういう視点でも面白い一冊と言えます。

という感じで今回もキャラクターの心情を大切に描きつつエロいという 満足度の高い一冊でした。個性的なヒロイン陣との交わりをたっぷり楽しめます。オススメですよ。

(Permalink)


XX:XX wrote


Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
◆ここは
ここは東雲あずみの日記です。 購入物に対する感想やら アニメの感想などを主に記述しています。 なお、18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上 お読みください。
Nearly Logs
【2017/07】
(01〜)
(11〜)
(21〜)
【2017/06】
(01〜)
(11〜)
(21〜)
読書感想
Comics
Novels
最近のかんそー30

@azumi_s からのツイート